「魅力度」は最下位でも 茨城県には“日本一”が山ほどある

公開日:

「人口は全国11位、面積は24位ですが、茨城には“日本一”が山ほどあります。まず、この広い平坦な土地を持つわが県は、耕地面積の割合が全国1位。県全体の28%を占め、いろいろな農産物を作っています。いまの季節でいうなら、クリの生産量、干しイモ生産量は全国1位。クリは全国的に有名な和菓子店に多数使っていただいていますし、干しイモは全国の8~9割の圧倒的なシェアを誇ります。メロンの生産量も日本一ですし、複数品種を作っているため、春から秋まで長期間メロンを食べることができます。それと……」

 こう言うのは、茨城県庁広報広聴課広報戦略室長の松崎達人氏。生まれも育ちも地元常総市。県庁に入って30年余りを水戸市で暮らす、根っからの茨城人だ。

 実際、農作物の日本一は数多い。レンコン出荷量、ピーマン出荷量、ハクサイ収穫量などがそうだし、ミズナ、チンゲン菜、夏ネギなども生産量日本一で全国有数のシェアを誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る