• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「魅力度」は最下位でも 茨城県には“日本一”が山ほどある

「人口は全国11位、面積は24位ですが、茨城には“日本一”が山ほどあります。まず、この広い平坦な土地を持つわが県は、耕地面積の割合が全国1位。県全体の28%を占め、いろいろな農産物を作っています。いまの季節でいうなら、クリの生産量、干しイモ生産量は全国1位。クリは全国的に有名な和菓子店に多数使っていただいていますし、干しイモは全国の8~9割の圧倒的なシェアを誇ります。メロンの生産量も日本一ですし、複数品種を作っているため、春から秋まで長期間メロンを食べることができます。それと……」

 こう言うのは、茨城県庁広報広聴課広報戦略室長の松崎達人氏。生まれも育ちも地元常総市。県庁に入って30年余りを水戸市で暮らす、根っからの茨城人だ。

 実際、農作物の日本一は数多い。レンコン出荷量、ピーマン出荷量、ハクサイ収穫量などがそうだし、ミズナ、チンゲン菜、夏ネギなども生産量日本一で全国有数のシェアを誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る