1台でクラフトビール最大4種 ディスペンサーで醸造所の味

公開日: 更新日:

 個性豊かな味わいのクラフトビールが人気拡大中だ。スーパーに並ぶ缶ビールの種類は増えているし、最近ではパブの店内に大型の醸造タンクを入れて自家醸造する“ブルーパブ”もあちこちにお目見えしている。

 そんな中、今度はどこでもつぎたてのクラフトビールが楽しめる、「タップ・マルシェ」なるディスペンサーが飲食店に登場し、注目されている。

 このディスペンサーは3リットルの小型ペットボトル容器を採用。これを交換しながら、1台で4種類のクラフトビールを提供できる仕組み。

「今年4月から東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で導入し、10月までに1000店に広がりました。1台で最大4種類のクラフトビールが提供できるため、さまざまな味が楽しめると若い世代を中心に好評です」(キリンビール広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    失地回復に金正恩…米ロ外遊強行“外交のアベ”演出の皮算用

もっと見る