「ゆうパックが来ない」 ライバル値上げで郵便局パニック

公開日: 更新日:

「荷受けが増える年末を迎え、遅配を懸念する声も出始めている」

 12日付の日本経済新聞がそう報じたが、とっくに遅配は始まっているようだ。日本郵便の「ゆうパック」の話。ヤマト運輸や佐川急便が相次いで値上げしたため、料金を据え置いたゆうパックに荷物がシフトし、「さばき切れなくなってきている」(日本郵便関係者)というのだ。

 日刊ゲンダイの記者も、その12日の夜に遅配に遭った。午後8~9時ごろの時間指定でゆうパックの荷物を受け取ることになっていたので、いつもより早めに帰宅したのだが、9時を過ぎても届かない。

「ゆうパックが来ない」と問い合わせたところ「申し訳ありません。このところ荷物が大変増えておりまして、時間通りにお伺いできません。もうしばらくお待ちください」と平謝り。結局、約1時間遅れで届いたが、頭を下げる配達員は疲れ切った表情。嫌みを言う気にはなれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る