「ゆうパックが来ない」 ライバル値上げで郵便局パニック

公開日:

「荷受けが増える年末を迎え、遅配を懸念する声も出始めている」

 12日付の日本経済新聞がそう報じたが、とっくに遅配は始まっているようだ。日本郵便の「ゆうパック」の話。ヤマト運輸や佐川急便が相次いで値上げしたため、料金を据え置いたゆうパックに荷物がシフトし、「さばき切れなくなってきている」(日本郵便関係者)というのだ。

 日刊ゲンダイの記者も、その12日の夜に遅配に遭った。午後8~9時ごろの時間指定でゆうパックの荷物を受け取ることになっていたので、いつもより早めに帰宅したのだが、9時を過ぎても届かない。

「ゆうパックが来ない」と問い合わせたところ「申し訳ありません。このところ荷物が大変増えておりまして、時間通りにお伺いできません。もうしばらくお待ちください」と平謝り。結局、約1時間遅れで届いたが、頭を下げる配達員は疲れ切った表情。嫌みを言う気にはなれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る