「ゆうパックが来ない」 ライバル値上げで郵便局パニック

公開日:

「荷受けが増える年末を迎え、遅配を懸念する声も出始めている」

 12日付の日本経済新聞がそう報じたが、とっくに遅配は始まっているようだ。日本郵便の「ゆうパック」の話。ヤマト運輸や佐川急便が相次いで値上げしたため、料金を据え置いたゆうパックに荷物がシフトし、「さばき切れなくなってきている」(日本郵便関係者)というのだ。

 日刊ゲンダイの記者も、その12日の夜に遅配に遭った。午後8~9時ごろの時間指定でゆうパックの荷物を受け取ることになっていたので、いつもより早めに帰宅したのだが、9時を過ぎても届かない。

「ゆうパックが来ない」と問い合わせたところ「申し訳ありません。このところ荷物が大変増えておりまして、時間通りにお伺いできません。もうしばらくお待ちください」と平謝り。結局、約1時間遅れで届いたが、頭を下げる配達員は疲れ切った表情。嫌みを言う気にはなれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る