• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お酢の力に着目 住居用洗剤「ティンクル」のヒット戦略

 水アカやぬめりなど、気になる水回りの汚れは何で落とすか。「お酢成分でしょ」とくれば、KINCHO(大日本除虫菊)の住居用洗剤「ティンクル」シリーズだ。1999年に発売して以来、「お酢のチカラ」で汚れを落とす洗剤として支持を獲得。好調な販売を続けている。

 ちょっとでも掃除をさぼるとすぐに汚れてしまう、台所のシンクや浴室。KINCHOによると、その主な汚れは、水道水に含まれるミネラル成分が二酸化炭素と反応してできる水アカや、せっけんと反応してできるせっけんカス、また皮脂汚れによる湯アカなどで、「従来の洗剤では落ちにくい、それらの汚れを落とすべく開発を進めていった結果、お酢成分の『酢酸』にたどり着いた」(宣伝部の小林裕一氏)。

 つまり中性やアルカリ性ではなく、酸性の洗剤が有効ということ。お酢の成分である酢酸は、こびりついた水アカやせっけんカスを水に溶けやすい成分に分解してくれるのだという。また酢酸は除菌作用も持つ。だから水洗いだけでは落としきれない細菌も除去できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る