ミツカン「〆まで美味しい」鍋つゆ シメ提案で大ブレーク

公開日: 更新日:

 味付け不要の鍋つゆ商品が人気だ。市場をリードするのは、ミツカンの「〆まで美味しい」鍋つゆシリーズ。2009年の発売以来、“シメ”もセットで訴求して、ファン層を広げている。

 家庭用ぽん酢の「味ぽん」(1964年発売)で、早くから鍋市場で活躍してきたミツカン。鍋つゆも81年に発売しているが、いまにつながる流れは01年、パウチ型の投入がきっかけだ。使いきりのストレートタイプは大好評。以降、他社の参入も進み、鍋つゆ市場は拡大へ。そこで09年、新提案として発売したのが「〆まで美味しい」シリーズである。

「もともと、鍋のあとはうどんや雑炊などでシメるというのは定番としてあった。だったら、はじめからそれを前提にした商品があってもいい。鍋にぴったり合ったシメを提案することで、最後まで楽しめる鍋つゆとして支持拡大を狙った」(MD本部商品企画部の森田浩正氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る