ミツカン「〆まで美味しい」鍋つゆ シメ提案で大ブレーク

公開日:

 味付け不要の鍋つゆ商品が人気だ。市場をリードするのは、ミツカンの「〆まで美味しい」鍋つゆシリーズ。2009年の発売以来、“シメ”もセットで訴求して、ファン層を広げている。

 家庭用ぽん酢の「味ぽん」(1964年発売)で、早くから鍋市場で活躍してきたミツカン。鍋つゆも81年に発売しているが、いまにつながる流れは01年、パウチ型の投入がきっかけだ。使いきりのストレートタイプは大好評。以降、他社の参入も進み、鍋つゆ市場は拡大へ。そこで09年、新提案として発売したのが「〆まで美味しい」シリーズである。

「もともと、鍋のあとはうどんや雑炊などでシメるというのは定番としてあった。だったら、はじめからそれを前提にした商品があってもいい。鍋にぴったり合ったシメを提案することで、最後まで楽しめる鍋つゆとして支持拡大を狙った」(MD本部商品企画部の森田浩正氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る