• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

鳥羽伏見の戦いで惨敗 「武家政治」を終わらせた徳川慶喜

イラスト・佐藤葵

 最後の征夷大将軍・徳川慶喜をひと言でいえば、歴史主義者でしょう。

「後世、自分はどう評価されるか」だけを念頭において行動したところに、彼の真骨頂があったように思われます。

 慶喜は御三家の一で“天下の副将軍”と称された…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事