東京は邪道だらけ? 「本物のきりたんぽ」を高円寺で発見

公開日:

秋田美人の女将が熱弁

 鍋が恋しい季節になると、たくさんの秋田県人が「東京ではきりたんぽが食べられない」と悩んでしまうらしい。メニューにきりたんぽを載せる店は数多くあれど、“本物”を食べることができないというのだ。

 そこで、本場のきりたんぽを求めて、東京・高円寺の駅に降り立った。

「驚いてしまうようなきりたんぽが多くて……」

 こう話すのは、高円寺駅からすぐの「心ごはん―福福」の女将、竹内真由美さん(54)。色白つやつや肌の真由美さんは、秋田県出身の正真正銘、秋田美人だ。

 真由美さんがいつも店で振る舞うのは、料理上手だったばあちゃん仕込みの家庭料理。特に秋田県の味にこだわっているわけではないが、きりたんぽに関しては「故郷の味」を意識している。

 きっかけは、真由美さんが専業主婦時代に夫が口にした一言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る