栃木・高賀茂沙緒里さん 乳白色の露天風呂から眺める絶景

公開日:

エフエム栃木「B・E・A・T」パーソナリティー

 高賀茂さんは、関東を代表する温泉郷である日光市の出身。大学時代から箱根や草津など全国の温泉地を訪れていた。

「灯台下暗しで、逆に地元栃木の泉質の素晴らしさに気付きました。独断と偏見でお気に入りの3つの宿をご紹介します」

■3位 那須高原温泉「星のあかり」(那須町)

「部屋付き露天風呂もあり、記念日などの大事な日にうってつけと思います。純和風のお部屋はとても清潔感があふれ、全13室と部屋数が少ない分、女性客が喜びそうなスタッフの配慮が行き届いています」

※料金=1泊2食付き1万9980円~(税込み)。
℡0288・53・6050

■2位 大田原温泉「龍城苑」(大田原市)

「アルカリ性の泉質で、透明でややトロリとした肌触り。宿泊もできますが、日帰り入浴でも使い勝手のよさがあります。私も先日、大学の同級生が栃木を訪れた際、部屋食で女子会を楽しませていただきました」

※料金=1泊2食付き1万2400円~(税込み)、部屋食日帰り入浴3000円~(税込み)。
℡0287・24・2525

■1位 奥日光湯元温泉「森のホテル」(日光市)

「乳白色の源泉が旅情を誘い、美肌効果もあって女性にオススメです。奥日光という場所柄、足を運ぶには少々時間がかかりますが、その苦労に勝る雪景色が魅力です。奥日光湯元温泉雪まつりが今年は2月9日から15日にかけて行われ、ミニかまくらの夜間ライトアップは幻想的な雰囲気に浸れます。家族でもカップルでも楽しめます」

※料金=1泊2食付き2万円~(税込み)。
℡0288・62・2338

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る