3人に1人が実感でも…ブラック企業はなぜ消滅しないのか

公開日:

「まだこんなにいるの?」とビックリした人もいるだろう。

 与信管理の「リスクモンスター」が20~49歳の男女600人にアンケート調査したところ、「勤務先はブラック企業だと思う」と答えた人が33%もいたという。

 この数年、電通の女性職員の自殺やNHKの女性記者の過労死など、オーバーワークが社会問題となっている。そのため経済界はブラック企業対策に取り組んでいると思っていたら、なんと3人に1人が自分の会社をブラックと感じているのだ。

 労働問題に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏が言う。

「ブラックの領域から抜け出せないのが流通、小売り、外食、運輸、建設といった業種です。人手不足で新しい人員を補充できない、あるいは利益確保のために限られた人員で職務を遂行させる企業が多い。ノー残業デーに会社から出されたのはいいが、近くの喫茶店に社員4、5人が集まってミーティングしたというような話をよく聞きます。会社が取引先からの仕事を断ればいいのだけど、それができない。建設業などは一度仕事を断ったら、二度と依頼してもらえないからです。利益は少なくても無理して受注することになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る