3人に1人が実感でも…ブラック企業はなぜ消滅しないのか

公開日: 更新日:

「まだこんなにいるの?」とビックリした人もいるだろう。

 与信管理の「リスクモンスター」が20~49歳の男女600人にアンケート調査したところ、「勤務先はブラック企業だと思う」と答えた人が33%もいたという。

 この数年、電通の女性職員の自殺やNHKの女性記者の過労死など、オーバーワークが社会問題となっている。そのため経済界はブラック企業対策に取り組んでいると思っていたら、なんと3人に1人が自分の会社をブラックと感じているのだ。

 労働問題に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏が言う。

「ブラックの領域から抜け出せないのが流通、小売り、外食、運輸、建設といった業種です。人手不足で新しい人員を補充できない、あるいは利益確保のために限られた人員で職務を遂行させる企業が多い。ノー残業デーに会社から出されたのはいいが、近くの喫茶店に社員4、5人が集まってミーティングしたというような話をよく聞きます。会社が取引先からの仕事を断ればいいのだけど、それができない。建設業などは一度仕事を断ったら、二度と依頼してもらえないからです。利益は少なくても無理して受注することになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号