曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

内橋ラーメン(西脇)実にシンプルな伝統のラーメン

公開日: 更新日:

 播州ラーメンに凝って一時期足しげく通ったことがある。兵庫県西脇市にラーメン屋が多いのは、かつてこの地が播州織として知られる繊維産業の町だったからだ。

 当時は集団就職して来た女性が繊維工場で2万人も働いていた。彼女らの楽しみの一つは、仕事帰りにラーメンを食べること。店は彼女らの口に合うように醤油ベースの甘めのスープを作っていたという。この歴史が今の播州ラーメンの味につながった。その特徴は、あくまでもあっさり系で、播州産の醤油を用い、甘めのスープに仕上げていること。

 西脇から小野にかけて播州ラーメンの店はいくつもあるが、私のお気に入りは西脇市役所から少し車で走った所にある「内橋ラーメン」。

 同店のメニューはラーメンが、大(1100円)、中(800円)、並(600円)とあり、実にシンプル。チャーシュー麺もなければ、ワンタン麺もない。あるのは播州ラーメンそのものだけで、他には餃子(380円)と焼き豚入りおにぎり(180円)があるくらい。売り物がはっきり伝わる、あっぱれなメニュー構成ぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る