【魚介の酢みそ和え】1種類とはいわず2、3種類で

公開日:

独酌 三四郎(北海道・旭川)

 店では「魚介のヌタ」として通年提供する定番メニューだ。

「その日の仕入れ次第で使用する魚や貝の種類は異なります。ご家庭で作る際も、切り身の盛り合わせなどを上手に使うのがいいのではないでしょうか。魚介は1種類ではなく、2、3種類を組み合わせた方が味わいの深みが増し、よりおいしくなりますよ」(女将の西岡美子さん)

 地物にこだわる「三四郎」では、素材そのものの味を損ねないように、いずれもシンプルな味付けだ。北海道の海の幸にはそれがベストだが、都心のスーパーで買ってきたお買い得の盛り合わせでも、長ネギのみじん切りと和がらしを投入すれば、その風味のアクセントになって楽しくなる。

 まずは、ネットでも購入できる地元産の酒米でできた純米酒「風のささやき」を冷やでいただく。でもって、旭川ラーメンを用意すればシメまで完璧か。旭川に思いを馳せながら、食べるのもまた一興だ。

《材料》 
・マグロ、ホタテ、エビ、 タコ、ホッキなどのお好 みの魚介類 適量
・長ネギ 10グラム
・みそ 大さじ2分の1
・砂糖 大さじ1
・酢 少々
・和がらし  適量

《レシピ》 
(1)魚介類は包丁で細かく刻む。長ネギも細かく刻む。
(2)酢みそを作る。ボウルにみそ、砂糖、酢を入れ、混ぜ合わせる。
(3)②のボウルに①と和がらしを加え、和えて出来上がり。

今日の達人 西岡美子さん

▽どくしゃく・さんしろう
 1946年創業の老舗居酒屋。道北最大の歓楽街「三・六街」に店を構え、作家の太田和彦氏からは「北海道一の名居酒屋」と評される。ちょっぴり風変わりな店名は、酒の強かった初代主人が「姿三四郎が柔の六段なら俺は酒呑みの六段」と豪語して名付けたもの。地元客はもちろん、出張族や観光客が訪れるが、喧騒とは無縁。カウンターでひとり、じっくりと杯を傾けてひたすら静かに飲める幸せがここにある。

 テレビドラマ「孤独のグルメ」にも出演した2代目主人が2017年9月に他界。現在は引き続き、妻で女将の西岡美子さんが切り盛りする。利き酒師や日本酒学講師の資格を持つ女将が目利きした日本酒は、いずれも地の旬の食材を使った一品にピタリと合う。
北海道旭川市2条通5丁目左7号(日祝休)
℡0166・22・6751

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る