• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【魚介の酢みそ和え】1種類とはいわず2、3種類で

独酌 三四郎(北海道・旭川)

 店では「魚介のヌタ」として通年提供する定番メニューだ。

「その日の仕入れ次第で使用する魚や貝の種類は異なります。ご家庭で作る際も、切り身の盛り合わせなどを上手に使うのがいいのではないでしょうか。魚介は1種類ではなく、2、3種類を組み合わせた方が味わいの深みが増し、よりおいしくなりますよ」(女将の西岡美子さん)

 地物にこだわる「三四郎」では、素材そのものの味を損ねないように、いずれもシンプルな味付けだ。北海道の海の幸にはそれがベストだが、都心のスーパーで買ってきたお買い得の盛り合わせでも、長ネギのみじん切りと和がらしを投入すれば、その風味のアクセントになって楽しくなる。

 まずは、ネットでも購入できる地元産の酒米でできた純米酒「風のささやき」を冷やでいただく。でもって、旭川ラーメンを用意すればシメまで完璧か。旭川に思いを馳せながら、食べるのもまた一興だ。

《材料》 
・マグロ、ホタテ、エビ、 タコ、ホッキなどのお好 みの魚介類 適量
・長ネギ 10グラム
・みそ 大さじ2分の1
・砂糖 大さじ1
・酢 少々
・和がらし  適量

《レシピ》 
(1)魚介類は包丁で細かく刻む。長ネギも細かく刻む。
(2)酢みそを作る。ボウルにみそ、砂糖、酢を入れ、混ぜ合わせる。
(3)②のボウルに①と和がらしを加え、和えて出来上がり。

今日の達人 西岡美子さん

▽どくしゃく・さんしろう
 1946年創業の老舗居酒屋。道北最大の歓楽街「三・六街」に店を構え、作家の太田和彦氏からは「北海道一の名居酒屋」と評される。ちょっぴり風変わりな店名は、酒の強かった初代主人が「姿三四郎が柔の六段なら俺は酒呑みの六段」と豪語して名付けたもの。地元客はもちろん、出張族や観光客が訪れるが、喧騒とは無縁。カウンターでひとり、じっくりと杯を傾けてひたすら静かに飲める幸せがここにある。

 テレビドラマ「孤独のグルメ」にも出演した2代目主人が2017年9月に他界。現在は引き続き、妻で女将の西岡美子さんが切り盛りする。利き酒師や日本酒学講師の資格を持つ女将が目利きした日本酒は、いずれも地の旬の食材を使った一品にピタリと合う。
北海道旭川市2条通5丁目左7号(日祝休)
℡0166・22・6751

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る