• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空気清浄機で花粉症対策 吸引力と加湿機能が選びのキモ

 今からやれる花粉症対策で、手っ取り早いのは家電だ。

 実際、家電量販店に行けば、さまざまな商品ポップに「花粉」の文字が躍る。

「花粉対策家電には、空気清浄機、衣類乾燥機、布団乾燥機などがありますが、王道は空気清浄機です。年間を通してこの時季、一番売れます。外出から帰宅すると、衣類や髪の毛に花粉が付着しています。花粉自体はPM2・5などに比べて重いため、室内では床や床に近い低いところに降りてきます。このため、まずは吸引力が強くて、かつ本体の前面に吸引口があるタイプが人気です」

 こう言うのは、ビックカメラの広報担当者。同社の有楽町店でチェックすると、パナソニックとダイキンの空気清浄機が本体前面に吸引口があるタイプだった。

 湿度が上がると花粉がより床に落ちやすくなるため、加湿機能付きだとなお効果的だそうだ。あとは床の花粉をこまめに掃除機で吸い取れば、対策はバッチリというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る