空気清浄機で花粉症対策 吸引力と加湿機能が選びのキモ

公開日:

 今からやれる花粉症対策で、手っ取り早いのは家電だ。

 実際、家電量販店に行けば、さまざまな商品ポップに「花粉」の文字が躍る。

「花粉対策家電には、空気清浄機、衣類乾燥機、布団乾燥機などがありますが、王道は空気清浄機です。年間を通してこの時季、一番売れます。外出から帰宅すると、衣類や髪の毛に花粉が付着しています。花粉自体はPM2・5などに比べて重いため、室内では床や床に近い低いところに降りてきます。このため、まずは吸引力が強くて、かつ本体の前面に吸引口があるタイプが人気です」

 こう言うのは、ビックカメラの広報担当者。同社の有楽町店でチェックすると、パナソニックとダイキンの空気清浄機が本体前面に吸引口があるタイプだった。

 湿度が上がると花粉がより床に落ちやすくなるため、加湿機能付きだとなお効果的だそうだ。あとは床の花粉をこまめに掃除機で吸い取れば、対策はバッチリというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る