空気清浄機で花粉症対策 吸引力と加湿機能が選びのキモ

公開日:

 今からやれる花粉症対策で、手っ取り早いのは家電だ。

 実際、家電量販店に行けば、さまざまな商品ポップに「花粉」の文字が躍る。

「花粉対策家電には、空気清浄機、衣類乾燥機、布団乾燥機などがありますが、王道は空気清浄機です。年間を通してこの時季、一番売れます。外出から帰宅すると、衣類や髪の毛に花粉が付着しています。花粉自体はPM2・5などに比べて重いため、室内では床や床に近い低いところに降りてきます。このため、まずは吸引力が強くて、かつ本体の前面に吸引口があるタイプが人気です」

 こう言うのは、ビックカメラの広報担当者。同社の有楽町店でチェックすると、パナソニックとダイキンの空気清浄機が本体前面に吸引口があるタイプだった。

 湿度が上がると花粉がより床に落ちやすくなるため、加湿機能付きだとなお効果的だそうだ。あとは床の花粉をこまめに掃除機で吸い取れば、対策はバッチリというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る