植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「カトパンと結婚したい」ないものねだりの中年たち

公開日:  更新日:

 2015年の国勢調査によると、男性の4人に1人、女性の7人に1人が生涯未婚であるという。結婚相談所を訪ねる男女も30~40代が主流だが、彼らは年の差婚や高収入を期待する。親同伴の婚活も当たり前になった。結婚相談所では今日も事件が起きている。

 ある時、アタッシェケースを持って40代の男性が会社を訪ねてきました。開口一番、「カトパン(フリーアナウンサーの加藤綾子)と結婚したいんだ」と告げて、ケースを開けました。パッと見ですが、1000万円は入っていたと思います。「カトパンが無理なら、冠付きのオンナがいい。ミス日本、準ミス日本、百歩譲ってミス東京クラスかな。身長は170センチ以上ね。条件は2人で歩いていて振り返られたり、1日1回は周囲から褒められる女性がいいんだよね」

 本人は170センチに満たない小柄でイケメンとも言えませんでした。ないものを求めていたのでしょうが、「その辺の男が結婚できるオンナは連れてくるな」と言うのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る