大阪王将の「イートアンド」社長・仲田浩康さんの巻<1>

公開日:  更新日:

とりいち大崎店(東京・大崎)

■女将さんの気配りで誰を連れて行っても安心

 会社の幹部や社員ともね。気心の知れた方々と楽しく食事したいときにお邪魔するのが、この店です。JR大崎駅前の再開発エリアを抜けると、突き当たりに赤い看板が見えます。そこです。ツタの生えた一軒家の1階にあります。焼き鳥屋さんならではの風情でしょ。

 とにかく庶民的な店。食べログの評価は3・05とそこそこだけど、それ以上の価値があると思いますよ。

 レバー、砂肝、はつ、ねぎま、手羽先、せせり、皮、ぼんじり、うずらの卵、つくねと定番10串はすべて1本170円。アスパラガスやトマトの肉巻きが1本200円。メニューの上から順にモツ系が並ぶように鮮度は抜群。レバーはしっとりとした味わいを残し、皮は焦げめをつけてパリッと。焼き方もいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る