大阪王将の「イートアンド」社長・仲田浩康さんの巻<1>

公開日:  更新日:

とりいち大崎店(東京・大崎)

■女将さんの気配りで誰を連れて行っても安心

 会社の幹部や社員ともね。気心の知れた方々と楽しく食事したいときにお邪魔するのが、この店です。JR大崎駅前の再開発エリアを抜けると、突き当たりに赤い看板が見えます。そこです。ツタの生えた一軒家の1階にあります。焼き鳥屋さんならではの風情でしょ。

 とにかく庶民的な店。食べログの評価は3・05とそこそこだけど、それ以上の価値があると思いますよ。

 レバー、砂肝、はつ、ねぎま、手羽先、せせり、皮、ぼんじり、うずらの卵、つくねと定番10串はすべて1本170円。アスパラガスやトマトの肉巻きが1本200円。メニューの上から順にモツ系が並ぶように鮮度は抜群。レバーはしっとりとした味わいを残し、皮は焦げめをつけてパリッと。焼き方もいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る