大阪王将の「イートアンド」社長・仲田浩康さんの巻<1>

公開日: 更新日:

とりいち大崎店(東京・大崎)

■女将さんの気配りで誰を連れて行っても安心

 会社の幹部や社員ともね。気心の知れた方々と楽しく食事したいときにお邪魔するのが、この店です。JR大崎駅前の再開発エリアを抜けると、突き当たりに赤い看板が見えます。そこです。ツタの生えた一軒家の1階にあります。焼き鳥屋さんならではの風情でしょ。

 とにかく庶民的な店。食べログの評価は3・05とそこそこだけど、それ以上の価値があると思いますよ。

 レバー、砂肝、はつ、ねぎま、手羽先、せせり、皮、ぼんじり、うずらの卵、つくねと定番10串はすべて1本170円。アスパラガスやトマトの肉巻きが1本200円。メニューの上から順にモツ系が並ぶように鮮度は抜群。レバーはしっとりとした味わいを残し、皮は焦げめをつけてパリッと。焼き方もいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る