• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドバイのダウンタウンから40分 「砂漠ツアー」の非日常感

 超人的なスピードで発展し、瞬く間に国際都市となったドバイ。現在は世界一の高層タワー、超高級ホテル、人工アイランドなどで知られるが、もとはといえば砂漠の街だった。

 日本人からみれば、砂漠は厳しい大自然そのものだが、「日帰りで気軽に楽しめる砂漠ツアーがありますよ。アラビア砂漠内にあるドバイ・デザート・コンサべーション・リザーブ地区は広大な保護地区なのですが、そちらに入ることが出来る4WD砂漠走破ツアーです」(ドバイ政府観光・商務局の担当者)。

 そのひとつがトラフコ社(Travco L.L.C.)の砂漠ツアーで、ほぼ毎日催行される。

 4WDに乗ってダウンタウンを出発し、ハイウエーを40分ほど走ると、周囲の景色は赤土色に。砂の上を走る手前で一度ストップしてタイヤの空気圧を抜くと、いよいよ砂漠クルーズのはじまりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る