大隅潔さん<1>東京五輪候補生としてで明治大学に入学

公開日: 更新日:

「ビールを2、3杯ごちそうになり、その後もお茶を飲みに行ってました。オリンピックを9位で終わった後、『ところで大隅くん、就職はどうするんだね』と問われた。五輪の閉会式が10月24日ですから就職試験は終わっている。自分としては浜松に帰ってヤマハかスズキにでも勤めようと思っていたんですが、その場でご主人がスポーツニッポンの社長に電話し、試験だけ受けさせてもらえることになった。なんと、その家のご主人というのが、スポニチに連載も持っていた文芸評論家の大井廣介さんだったのです。大井さんのおかげで就職できましたが、その契機をつくってくれた山中先輩との出会いも、私にとってはかけがえのないものです」 =つづく

(加藤広栄・日刊ゲンダイ)

▽おおすみ・いさぎ 1942年、静岡県生まれ。明治大学法学部卒。64年東京オリンピック男子200メートル背泳ぎ9位。65年、スポーツニッポン新聞東京本社入社。元同社常務取締役・西部本社代表。現在は東京相撲記者クラブ会友、セントラルスポーツ顧問。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る