大学生の学費生活費の負担軽減 企業の給付型奨学金を知る

公開日: 更新日:

 子供が大学に進学し、もうひと踏ん張り。キャンパスライフを楽しむ子供の姿を見てそう思っている人もいるかもしれない。日本学生支援機構が「学生生活調査」を行ったところ、2016年度の大学生の学費と生活費の合計は188万4200円に上った。前回の14年度調査より2万2100円増えている。微増ながら、給与アップが望みにくい中高年にはキツイだろう。

 国税庁の調査によると、サラリーマンの平均給与は16年で421万円。この数値は正規と非正規を合わせたもので、男性正社員の平均は539万円。女性の非正規が148万円だ。一家の大黒柱が男性で、妻がパートとすれば世帯収入は687万円。700万円程度の収入で200万円が子供の学費関係に消えるのはつらい。

 それだけに、「私大新入生の家計負担調査」によれば、世帯収入1000万円でも半数が奨学金を申請しているのだ。そんな事情から、安倍政権は、返還義務がない給付型の奨学金制度の拡充を図るが、所得制限が厳しい。子供1人だと男性の平均年収でアウトだ。貸与型でしのぐケースが多く、借金を背負って社会に出る新卒は、そのハンディで結婚や出産に二の足を踏むといわれる。どうすればいいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る