• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

棋士にも「異色歌手ブーム」 内藤国雄九段がデビューした

 作家の野坂昭如、力士の増位山、競馬騎手の増沢末夫(超人気馬のハイセイコーに騎乗)など、各界の著名人が歌う「異色歌手」のブームが40年ほど前に起きていた。そんな風潮から将棋の棋士にも声がかかった。

 1976(昭和51)年4月。内藤国雄九段(当時36)が歌手デビューし、新曲発表会が開かれた。私こと田丸昇五段(現九段=同25)は同席する機会を得た。

 写真は、内藤が「♪持って生まれた 運命まで……」の歌詞で始まる「おゆき」を熱唱した光景。

 私は内藤の歌を初めて聴き、透き通るような美声に感じ入ったものだ。

 内藤は少年時代から歌うことが好きで、奨励会(棋士養成機関)の三段だった10代後半には、地元の神戸の歌謡教室に通っていた。やがて歌の素質を見込んだ講師から、新人歌手オーディションへの参加を勧められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る