田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

棋士にも「異色歌手ブーム」 内藤国雄九段がデビューした

公開日: 更新日:

 作家の野坂昭如、力士の増位山、競馬騎手の増沢末夫(超人気馬のハイセイコーに騎乗)など、各界の著名人が歌う「異色歌手」のブームが40年ほど前に起きていた。そんな風潮から将棋の棋士にも声がかかった。

 1976(昭和51)年4月。内藤国雄九段(当時36)が歌手デビューし、新曲発表会が開かれた。私こと田丸昇五段(現九段=同25)は同席する機会を得た。

 写真は、内藤が「♪持って生まれた 運命まで……」の歌詞で始まる「おゆき」を熱唱した光景。

 私は内藤の歌を初めて聴き、透き通るような美声に感じ入ったものだ。

 内藤は少年時代から歌うことが好きで、奨励会(棋士養成機関)の三段だった10代後半には、地元の神戸の歌謡教室に通っていた。やがて歌の素質を見込んだ講師から、新人歌手オーディションへの参加を勧められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る