• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「杉本×藤井」で思い出した 私の“ほろにが”師弟対決の記憶

 将棋の公式戦で師匠と弟子が対局することは珍しくない。

 その最たる例は1969(昭和44)年の名人戦で、師匠の大山康晴名人(当時46)に弟子の有吉道夫八段(同33)が挑戦したものだ。当初は師弟戦らしい和やかな雰囲気が漂っていたが、有吉が3勝2敗と勝ち越して一変した。あと1勝で「新名人誕生」の話題と、名人戦10連覇で無敵だった大山の「巨星墜つ」の衝撃が、社会的にも注目された。

 しかし、大山は2連勝して名人位を死守した。カド番に追い詰められた心境を「どうにでもなれという気持ちでした」と語った。一方の有吉は「何か戸惑いを感じました」と語った。いずれも正直な感想だろう。

 3月8日に杉本昌隆七段(49)と藤井聡太六段(15)の師弟が王将戦で対局した。

 藤井が10歳のときに師匠になった杉本は、早くから藤井の類いまれな才能を認めていた。そこで自分の固定観念を植えつけたくないので、指導対局をあえて避けた。藤井が有段者になってから実戦を始めると、弟子のほうがすでに強くなっていた。これまでに100局ほど指し、杉本の勝率はおよそ2割だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る