田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「杉本×藤井」で思い出した 私の“ほろにが”師弟対決の記憶

公開日:

 将棋の公式戦で師匠と弟子が対局することは珍しくない。

 その最たる例は1969(昭和44)年の名人戦で、師匠の大山康晴名人(当時46)に弟子の有吉道夫八段(同33)が挑戦したものだ。当初は師弟戦らしい和やかな雰囲気が漂っていたが、有吉が3勝2敗と勝ち越して一変した。あと1勝で「新名人誕生」の話題と、名人戦10連覇で無敵だった大山の「巨星墜つ」の衝撃が、社会的にも注目された。

 しかし、大山は2連勝して名人位を死守した。カド番に追い詰められた心境を「どうにでもなれという気持ちでした」と語った。一方の有吉は「何か戸惑いを感じました」と語った。いずれも正直な感想だろう。

 3月8日に杉本昌隆七段(49)と藤井聡太六段(15)の師弟が王将戦で対局した。

 藤井が10歳のときに師匠になった杉本は、早くから藤井の類いまれな才能を認めていた。そこで自分の固定観念を植えつけたくないので、指導対局をあえて避けた。藤井が有段者になってから実戦を始めると、弟子のほうがすでに強くなっていた。これまでに100局ほど指し、杉本の勝率はおよそ2割だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る