田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

静かな会場中が大爆笑 長嶋茂雄と米長邦雄の名スピーチ

公開日: 更新日:

 1976(昭和51)年12月。読売巨人軍の監督だった長嶋茂雄(当時40)と、中原誠名人(同29)の記念対局が報知新聞社の企画で行われた。手合いは二枚落ち(上手が飛車・角を落とすハンディ戦)。

 私こと田丸昇五段(同26)は、同紙で将棋コラムを連載していたので同席する機会を得た。

 写真(撮影・田丸)は、長嶋のダンディーな対局姿。将棋の腕前は球界随一という長嶋は、中原に対してよく奮闘したが、惜しくも敗れた。

 85年2月。十段戦(竜王戦の前身棋戦)を主催する読売新聞社の本社で、米長邦雄十段(当時41)の就位式が開かれた。

 その式場に長嶋がお祝いに駆けつけた。米長とは雑誌で対談した縁で親しくなったという。

 長嶋は「米長さんとの対談では、野球と将棋の共通点は《とっさの直感力が大事》ということで一致しました。今後もよりスーパー的な記録を残してもらいたい」と祝辞を述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る