• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

静かな会場中が大爆笑 長嶋茂雄と米長邦雄の名スピーチ

 1976(昭和51)年12月。読売巨人軍の監督だった長嶋茂雄(当時40)と、中原誠名人(同29)の記念対局が報知新聞社の企画で行われた。手合いは二枚落ち(上手が飛車・角を落とすハンディ戦)。

 私こと田丸昇五段(同26)は、同紙で将棋コラムを連載していたので同席する機会を得た。

 写真(撮影・田丸)は、長嶋のダンディーな対局姿。将棋の腕前は球界随一という長嶋は、中原に対してよく奮闘したが、惜しくも敗れた。

 85年2月。十段戦(竜王戦の前身棋戦)を主催する読売新聞社の本社で、米長邦雄十段(当時41)の就位式が開かれた。

 その式場に長嶋がお祝いに駆けつけた。米長とは雑誌で対談した縁で親しくなったという。

 長嶋は「米長さんとの対談では、野球と将棋の共通点は《とっさの直感力が大事》ということで一致しました。今後もよりスーパー的な記録を残してもらいたい」と祝辞を述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る