田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

青春に目覚めて将棋に身が入らなかった20歳の頃の私

公開日:

 1972(昭和47)年2月22日。私が四段に昇段して晴れて棋士になった記念日である。

 現行の奨励会(棋士養成機関)の四段昇段制度は、半年ごとに行われる三段リーグで上位2人が四段に昇段できる(年間で計4人)。今期の人数は36人で、18倍もの「狭き門」である。

 私の奨励会時代は、東西に分かれた三段リーグ(人数は平均で計16人)の優勝者同士が対局し、勝者が四段に昇段できる制度(年間で計2人)だった。世にいう「東西決戦」である。

 現行の四段昇段制度はもちろん厳しいが、リーグ戦なので最終戦で敗れても昇段できる可能性がある。しかし昔は、自力で勝ち取るしかなかった。

 東西決戦の対局では、プロ公式戦と同じ盤駒が充てられ、普段は奨励会員にえばっている棋士も神妙な様子で対局を見守った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る