田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「命がけの勝負や」と阪田三吉が語った南禅寺対局の結末

公開日:

 1936(昭和11)年12月、読売新聞は「待望の巨人今ぞ起つ!」という見出しで社告を掲載した。伝説の棋士・阪田三吉(当時66)が長い沈黙を破って、木村義雄八段(同31)と対局することになったのだ。

 名人を自称したために中央棋界から10年以上にわたって絶縁されていた阪田。棋界の大先輩との対局を熱望した木村。阪田の棋界への復帰を10年前から働きかけていた読売――。そうした3者の思惑が重なって実現した。

 ただ将棋大成会(日本将棋連盟の前身)にとっては由々しき事態だった。前年に創設された実力制の名人戦で有力な名人候補の木村が阪田にもし敗れたら、木村が新名人に就いた場合に権威に傷がつきかねない。

 その木村は「大成会を脱会しても……」と強い意志を示して大成会を了承させ、「私にとって一世一代の大勝負。もし敗れたら名人に推されても辞退する」という覚悟で対局に臨んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る