• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

球界随一の腕前 長嶋茂雄と中原誠名人の対局の行方は?

 今回から始まる「と金つれづれ草」という表題の新シリーズでは、棋界評論のほかに、将棋に関するさまざまなエピソードを紹介していきます。

 その第1回は、「ミスター」こと長嶋茂雄(読売巨人軍終身名誉監督)と将棋です。

 1974(昭和49)年10月14日。巨人軍の17年間の選手時代に、MVP5回・首位打者6回などの数々の大記録を打ち立て、勝負強さと華麗なプレーで魅了してきた長嶋が、この日の試合を最後に現役を引退した。

 試合後のセレモニーでは「わが巨人軍は永久に不滅です」という名文句を残した。長嶋はまもなく巨人軍の新監督に就任したのだが、74年11月下旬、共同通信社の新春企画で、長嶋(当時38)と中原誠名人(同27)の対談と記念対局が行われた。

 長嶋は選手時代から将棋が大好きで、チームでは一、二を争う腕前だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事