• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

樹齢800年 シロアリ被害のインドの巨木救った「点滴注射」

 樹齢約800年と世界で2番目に古い「ガジュマル」。シロアリに食い荒らされた巨木を救ったのは、意外な方法だった。

 インド中部テランガーナ州マブーブナガルにあるこの巨木は「Pillalamarri」の名前で知られる、重要な観光スポットだ。縦横無尽に枝を伸ばして約1・2へクタールに広がっている。

 しかし内部をシロアリに食い荒らされ、効果的な対策を取らないと枯死してしまう危機に直面していた。観光客が触ると枝が折れてしまうため、昨年12月には周囲への一般の立ち入りが禁止に。18日付のANI通信などによると、所轄の森林局は当初、シロアリ駆除剤「クロルピリホス」の溶液を、根元にかけたり「洞(うろ)」に注入したが、あまり効果はなかった。

 そこで考案したのが「点滴注射作戦」! 希釈したクロルピリホス溶液が入った点滴ボトルを数百個、Pillalamarriの無数の枝に吊り下げ、チューブで接続された注射針を木に刺し込み、時間をかけて木全体に注入したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る