貯金はたいて手術…余命3カ月の愛猫救った女性が米で話題

公開日:  更新日:

 腎臓の機能不全で3カ月の余命宣告を受けた飼い猫に、1万9000ドル(約200万円)をかけて腎臓移植手術を施し、命を救った女性が全米で話題だ。

 米誌ピープル(26日付電子版)などによると、この猫は、メリーランド州ボルチモアに住む作文の非常勤講師ベッツィー・ボイドさん(44)が飼っている「スタンリー」。オスで現在17歳、平均寿命に達した年老いた白黒の猫だ。

 彼女は、フリージャーナリストの夫と3歳になる双子の息子たちと4人暮らし。夫は現在、育児に専念しており、年収は4万6000ドル(約490万円)だ。高額の手術費用をポンと出せるような大金持ちではない。実際、友人や親戚からは「年老いた猫なんかに大金をかけないで、子供たちの大学進学資金に取っておいた方がいいよ」などと手術に反対されたという。

 しかしベッツィーさんにとって、スタンリーは“魂でつながったネコ”だった。スタンリーが生後8カ月の時に引き取ってから17年、交際していた男性との破局、結婚、不妊治療、出産……人生のアップダウンのすべてを分かち合ってきた。新車購入のために積み立ててきた貯金をはたき、手術を受けさせることに躊躇(ちゅうちょ)しなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る