• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貯金はたいて手術…余命3カ月の愛猫救った女性が米で話題

 腎臓の機能不全で3カ月の余命宣告を受けた飼い猫に、1万9000ドル(約200万円)をかけて腎臓移植手術を施し、命を救った女性が全米で話題だ。

 米誌ピープル(26日付電子版)などによると、この猫は、メリーランド州ボルチモアに住む作文の非常勤講師ベッツィー・ボイドさん(44)が飼っている「スタンリー」。オスで現在17歳、平均寿命に達した年老いた白黒の猫だ。

 彼女は、フリージャーナリストの夫と3歳になる双子の息子たちと4人暮らし。夫は現在、育児に専念しており、年収は4万6000ドル(約490万円)だ。高額の手術費用をポンと出せるような大金持ちではない。実際、友人や親戚からは「年老いた猫なんかに大金をかけないで、子供たちの大学進学資金に取っておいた方がいいよ」などと手術に反対されたという。

 しかしベッツィーさんにとって、スタンリーは“魂でつながったネコ”だった。スタンリーが生後8カ月の時に引き取ってから17年、交際していた男性との破局、結婚、不妊治療、出産……人生のアップダウンのすべてを分かち合ってきた。新車購入のために積み立ててきた貯金をはたき、手術を受けさせることに躊躇(ちゅうちょ)しなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る