九州西海岸のレストラン列車「おれんじ食堂」の人気の秘密

公開日:  更新日:

 新幹線の開業でJRから切り離されたローカル線は、どこも経営が苦しい。第三セクター方式で住民の足を守り続けようとしても、もともと少ない沿線住民が減り続ければ、立ち行かなくなるのは目に見えている。

 旧鹿児島本線の八代―川内間を運営する肥薩おれんじ鉄道も、そのひとつ。赤字を抱えて苦戦を強いられているが、「九州の西海岸」を走る抜群のロケーションを生かしたサービスで大成功を収めている。

 金土日祝に定期運行されている「おれんじ食堂」がそれで、朝、昼、午後、夕方の4便を運行。2013年の運行開始から利用者数はすでに5万人を突破したという。大人気のレストラン列車である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る