九州西海岸のレストラン列車「おれんじ食堂」の人気の秘密

公開日: 更新日:

 新幹線の開業でJRから切り離されたローカル線は、どこも経営が苦しい。第三セクター方式で住民の足を守り続けようとしても、もともと少ない沿線住民が減り続ければ、立ち行かなくなるのは目に見えている。

 旧鹿児島本線の八代―川内間を運営する肥薩おれんじ鉄道も、そのひとつ。赤字を抱えて苦戦を強いられているが、「九州の西海岸」を走る抜群のロケーションを生かしたサービスで大成功を収めている。

 金土日祝に定期運行されている「おれんじ食堂」がそれで、朝、昼、午後、夕方の4便を運行。2013年の運行開始から利用者数はすでに5万人を突破したという。大人気のレストラン列車である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る