難病の米17歳少女 iPad搭載ロボットで高校卒業式に“出席”

公開日:

 米アラバマ州モービルのレフロア高校に通っていたシンシア・ペットウェイさん(17)は、ある難病を発症して歩けなくなり、今月14日に行われた卒業式に出られなくなってしまった。

 地元テレビWKRG(15日付電子版)によると、これまで学業に、課外活動に頑張ってきたシンシアさんを何とか卒業式に“出席”させようと、 モービル郡公立学校のステファニー・マッドクスさんがあるアイデアを思いついた。二輪で移動するセグウェーのようなロボットにiPadを搭載。ビデオ通信機能で卒業式の様子を見ながら、シンシアさんが病院からロボットをリモートコントロールで操作して卒業証書を受け取るのだ。

 卒業式の当日。病院の会議室にはシンシアさんの家族や友人40人が集まり、大きなディスプレーにライブストリーミングされた卒業式を見守った。

 iPadを搭載したロボットがガウンと帽子をかぶって壇上に登場。ディスプレイには病院にいるシンシアさんの顔が映っている。そしてロボットが卒業証書を受け取ると、学校の講堂と病院の会議室から一斉に祝福の拍手が沸き上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る