橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

「因果応報」と受け止められることと受け止められないこと

公開日: 更新日:

「後悔先に立たず」という言葉がある。後になってから、ああすればよかった、こうすればよかったと悔やんでも取り返しがつかないことだ。2カ月前、5歳年下の妻に先立たれた70歳の知人が、「もっと優しい言葉をかけてやればよかった」「旅行に連れて行けばよかった」と日を追うごとに後悔の念が増してくると言う。

「心の中に穴があくというのは本当ですね」とも言う。

 配偶者を亡くした人は、65歳以上だけで860万人以上もいるというデータがある。いつもケンカばかりしていた夫婦でも夫や妻が亡くなると、生前の美点や良い思い出が心に残り、それがいつの間にか美化されていくものだ。

「あんな人でもいなくなると寂しいものです」と言っていたのが、何年か経つと「他にはいない素晴らしい夫だった」「オレにはもったいない妻だった」に変わっていくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る