あとで非を認める思考回路…権力者は逃げ切れるケースも

公開日: 更新日:

 おかげで手下たちは、親分の身代わりとなって、非を認めざるを得ない状況に追い込まれる。愛媛県や今治市の職員に会ったことを否定していた柳瀬唯夫元首相秘書官は、参考人招致の際に、「加計学園の関係者と面会したときにいたかもしれない」と釈明した。これで国家の中枢で政策を立案しているというのだから驚く。

 東大に入った頭脳は、親分に取り入って甘い汁を吸う自己保身のためだけに使われているようだ。

 立正大名誉教授の齊藤勇氏(心理学)がこう言う。

「とりあえず非を認めないのは、一般的な人間の心理といえます。非を認めれば自分が不利になるし、評価が下がるし、地位を失うこともある。とりあえずは“なかったこと”にするわけです。特に権力を持っている人の場合は、知らぬ存ぜぬの一点張りで逃げ切ろうとするもの。時間の経過とともに、いつの間にか収まってしまうケースがあることを知っているからです。残念ながら、むしろ、その方が多いかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷