18歳から成人に 年齢引き下げで儲かる業界と損する業界

公開日:

 成人年齢を引き下げる改正民法が、13日に賛成多数で可決し成立した。2022年の4月から成人年齢が18歳になる。約140年ぶりに「大人」の定義が変わり、関連業界は明暗が分かれる。

 成立を最も待ち望んでいたのは金融業。クレジットカード会社や消費者金融の多くは、未成年の契約に親の同意を必要としているが、成人年齢が引き下げられたことで高校生を含む18歳、19歳も簡単に契約を結べるようになる。

「18歳、19歳も自分の判断で契約ができるようになるので、カードを持つ若者が多くなると思います。使用限度額は10万円程度というところでしょうか」(日本クレジット協会の広報担当)

 民法第5条の「未成年者取消権」で、未成年者が親の同意なく交わした契約は、理由を問わずに取り消すことができた。だが今回の改正で18歳、19歳は対象外となり、金銭トラブル増加が懸念されてもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る