• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

入試制度にメスを 社会奉仕2年間を大学進学の条件にすべき

 安倍首相は、腹心の友が理事長を務める大学の獣医学部新設を「岩盤規制にドリルで穴をあけた」と自賛している。それでいったい何がどう変わるのかと疑問に思うが、大学の入試制度にはメスを入れるべきだろうね。

 今は、高校を卒業するか、高卒認定試験に合格すれば、だれでも大学入試を受けられることになっている。そこにもうひとつ受験資格として、2年間の社会奉仕活動を加えるんだ。徴兵制のようなものだけど、必ず自衛隊に入らなければならないというものではない。いくつかの業種から自分で選択するんだ。

 もちろん自衛隊に入るのも結構だし、あとは老人介護の仕事だとか、病院で患者さんのために働くことを選んだり。障害を抱えた子供たちに2年間寄り添うのもいいだろう。そのほか、山林で伐採を手伝うというのも加えたいところだね。

 だれかがやらなければならないことだけど、人手が足りない。そんな業種で汗を流し、必死で働いてからでなければ、大学に進学できないようにするんだよ。人生は100年時代といわれ、長くなっているんだから、若いうちに2年間苦労するのはいいことじゃないかな。一度は親元を離れて、だれかのために役に立つ経験をするのは、とても意義があることだと思うよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る