三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

禁欲的な西洋に対し淫蕩と自民党政治を許す日本のコメ文化

公開日:

 前回は、ベートーベン以前の音楽はキリスト教に裏打ちされたお行儀のいいものが多かったことを取り上げた。キリスト教(ユダヤ教もイスラム教も、一神教はすべて)は禁欲的で、官能を否定する文化だったから、心を揺さぶるような短調のメロディーは少なかったんだ。

 とりわけプロテスタントが強いドイツやイギリスは禁欲的だね。カトリックが多いイタリアやフランスは、「うまいものを食べても神に祈れば許されます」って文化だけど、独英ではうまい食事を堪能することは罪とされた。

 それでおいしいワインも飲まないし、旬のうまいものを食べようなんてこともしない。毎日同じものを食べ続けるし、そのことにだれも文句を言わないんだ。官能性に溺れることは自分を失うことで、卑しいことだとされたんだよ。

 セックスだって正常位しか認めなかった。悪魔と交わるとき、つまり売春婦が相手なら後ろからでも上に乗せてもいいけど、夫婦の間は正常位だけ。19世紀までは裸になることも禁じている。おまけに真っ暗にしなきゃいけなかったから、夫は妻の裸も見たことがなかっただろうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る