中国は顔認証システム大国 “天の目”と呼ばれる監視カメラ

公開日: 更新日:

 欧米ではテロや犯罪防止の目的で監視カメラの導入が着々と進んでいる。わが国でも新宿や秋葉原など、繁華街を中心に設置数が増加中(約500万台)だが、設置台数そのものでいえば、中国がダントツだろう。

 その数、1億7000万台――。今年2月、NHKのニュースがそう伝えたのを聞いて驚いたサラリーマンは多い。しかも、「今後3年間でさらに4億台設置する予定」で、大半が顔認証システムのカメラだとか。中国こそ、世界一の“監視カメラ大国”だったのだ。

 毎月のように中国入りして取材を続ける中国人ジャーナリスト、周来友氏が言う。

「中国では空港や駅に監視カメラが何百台も設置されているのは当たり前。政府は役所や繁華街、誘拐や無差別殺人防止のために学校での設置も増やしています。犯罪防止、治安維持が大きな目的で、監視社会化は4~5年前から急速に進んでいます。中国の大都市は人口により、1000万人以上の北京や上海、深センなどを“第一線都市”、同じく800万人クラスの瀋陽やハルビンなどの一部の省都クラスを“第二線都市”と呼んでいます。すでに、ココまでは監視体制がほぼ出来上がっている。いま、人口500万人以下の第三線都市での普及が急ピッチで進んでいるところですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚