浅野史郎さん<5>課長を解かれ49日後に仲間が"追悼文集"を

公開日: 更新日:

 1987年4月までの2年間、北海道庁で障害者施設の現場を巡り、障害に悩む人やその家族、施設の人から直接話を聞いたことが、その後の人生の財産になる。「今振り返ると、本省に戻るための仕込みの時期だったね」と笑う。

 ところが、その年の5月、霞が関に戻ったときの肩書は政策課企画官だった。現場のトップである課長を待つ「中ぶらりんの状態」だ。北海道で障害者福祉の仕事に巡り合い、それをライフワークと決めてからヤル気は十分だったが、人事が一存で決まらないのは世の常。どっちつかずの状態のまま1カ月、また1カ月と過ぎていった。

「5月に企画官になってから4カ月、9月の終わりごろだったかな、人事課長から連絡がありました。『浅野君、障害福祉課長をやってくれ』と。待ってました、ですよ。そのとき、神様はいる。そう思いました。その日から毎日、全力。普通の人は、日曜日の夜になると『また明日から仕事かぁ』と憂鬱になるでしょ。障害福祉課長時代は日曜日の夜は、『また明日から仕事ができる』とうれしかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る