浅野史郎さん<5>課長を解かれ49日後に仲間が"追悼文集"を

公開日: 更新日:

 1987年4月までの2年間、北海道庁で障害者施設の現場を巡り、障害に悩む人やその家族、施設の人から直接話を聞いたことが、その後の人生の財産になる。「今振り返ると、本省に戻るための仕込みの時期だったね」と笑う。

 ところが、その年の5月、霞が関に戻ったときの肩書は政策課企画官だった。現場のトップである課長を待つ「中ぶらりんの状態」だ。北海道で障害者福祉の仕事に巡り合い、それをライフワークと決めてからヤル気は十分だったが、人事が一存で決まらないのは世の常。どっちつかずの状態のまま1カ月、また1カ月と過ぎていった。

「5月に企画官になってから4カ月、9月の終わりごろだったかな、人事課長から連絡がありました。『浅野君、障害福祉課長をやってくれ』と。待ってました、ですよ。そのとき、神様はいる。そう思いました。その日から毎日、全力。普通の人は、日曜日の夜になると『また明日から仕事かぁ』と憂鬱になるでしょ。障害福祉課長時代は日曜日の夜は、『また明日から仕事ができる』とうれしかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る