加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

謀叛の疑いで改易された本多正純 徳川家康に親子で貢献も

公開日: 更新日:

 徳川家康・秀忠親子に仕え、権力の中枢に食い込みながら、改易させられてしまったのが、謀将・本多正信の嗣子・正純です。正純の失脚には有名な「宇都宮釣天井事件」の伝説まで生まれました。

 家康の帷幄の謀臣として地位を得た正信ですが、実は彼は若いころ三河(現・愛知県東部)の一向一揆に加担して、家康と対立した過去がありました。一揆が和睦となり、正信は三河に留まることができず、諸国を遍歴。この体験から、情報分析力と判断力を身につけました。

 その後、大久保忠世(彦左衛門の実兄)のとりなしで帰参がかない、家康のブレーンとして実力を発揮します。

 本能寺の変のおり、いち早く情勢を分析し、家康を堺から三河に脱出させたのも、豊臣秀吉の死後、石田三成を加藤清正や福島正則らの襲撃から守ったのも、正信の知恵によるものでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る