• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ラウンジ&ダイニング ピア(元町)ユニークなフラッペ

 暑くなると恋しいのがかき氷。最近はかき氷も並んでまで食べるという風潮が出てきた。そんなブームを背景にしたわけではないが、毎年夏が来るとフラッペに注力しているというのが神戸メリケンパークオリエンタルホテル内の「ピア」である。ここの特徴はフレンチのシェフが作る点。技術力の高い料理長・岸本達哉さんがユニークなフラッペを今年も考案している。そのひとつがクレームブリュレフラッペ(1200円)で、これは一見パフェのような仕様。グラスに下からプリン、かき氷(周りにはチョコレートを塗っている)、カスタードで層を作り、チョコレートアイスとフィアンティーヌで彩る。クレームブリュレと題しているようにカソナードをあぶって仕上げるのだ。氷なのに、あぶる作業が入るのが画期的で新進気鋭のシェフの発想力がうかがえる。

 マンゴーフラッペ(1400円=写真右)は、人気果物マンゴーをたっぷり使ったもの。下からブランマンジェ、黄色、白色、黄色と層ができるようにかき氷がのせられ、その上にはマンゴーとココナッツのメレンゲが配されている。そのうち黄色いものはマンゴーのかき氷で、台湾風にふわふわになるように特別なかき氷機で作っているものだ。そして全体的にココナッツのソースがかけられている。「ふわふわのかき氷とシャリシャリしたかき氷の食感の違いが面白い。ココナッツの味とマンゴーがよく合うんです」と岸本料理長。秀逸なのは2つとも底にプリンやブランマンジェが敷かれていること。かき氷はどうしても溶けると、底は汁気味になるのだが、これはそれらがあるために最後まで味を堪能できる。  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る