曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お多福(兵庫)ボリューミーなホルモン焼きうどんが絶品

公開日:

 中国自動車道佐用ICを降りると、ホルモン焼きうどんの店を多く目にする。ホルモン焼きうどんとは、鉄板で牛内臓肉とうどんを炒め、特製のタレにつけて味わうこのあたりの名物料理で、大半の店がこの単一メニューだけで店を営んでいる。

 この料理は、佐用の畜産から生まれたもので、赤身肉が都会へ出ていくのに対し、残った臓物をいかにしてうまく味わうかで誕生した。最初は朝鮮籍の女性が作っていたのだが、戦後帰国船で帰るのを機に町の人に作り方を伝授していったのだという。以来、佐用の地ではホルモン焼きうどんがポピュラーとなり、その専門店ができていった。タレは醤油系や味噌系があって店ごとにオリジナルの味を作っている。注文は焼き肉のようにホルモンやアバラ、心臓と部位ごとに頼み、うどん玉を好みの分だけ入れてもらう。それを鉄板で炒めて作ってもらうのだ。味はあらかじめ付いているが、なぜかタレに再びつけて味わうようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る