曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お多福(兵庫)ボリューミーなホルモン焼きうどんが絶品

公開日: 更新日:

 中国自動車道佐用ICを降りると、ホルモン焼きうどんの店を多く目にする。ホルモン焼きうどんとは、鉄板で牛内臓肉とうどんを炒め、特製のタレにつけて味わうこのあたりの名物料理で、大半の店がこの単一メニューだけで店を営んでいる。

 この料理は、佐用の畜産から生まれたもので、赤身肉が都会へ出ていくのに対し、残った臓物をいかにしてうまく味わうかで誕生した。最初は朝鮮籍の女性が作っていたのだが、戦後帰国船で帰るのを機に町の人に作り方を伝授していったのだという。以来、佐用の地ではホルモン焼きうどんがポピュラーとなり、その専門店ができていった。タレは醤油系や味噌系があって店ごとにオリジナルの味を作っている。注文は焼き肉のようにホルモンやアバラ、心臓と部位ごとに頼み、うどん玉を好みの分だけ入れてもらう。それを鉄板で炒めて作ってもらうのだ。味はあらかじめ付いているが、なぜかタレに再びつけて味わうようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る