• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

お多福(兵庫)ボリューミーなホルモン焼きうどんが絶品

 中国自動車道佐用ICを降りると、ホルモン焼きうどんの店を多く目にする。ホルモン焼きうどんとは、鉄板で牛内臓肉とうどんを炒め、特製のタレにつけて味わうこのあたりの名物料理で、大半の店がこの単一メニューだけで店を営んでいる。

 この料理は、佐用の畜産から生まれたもので、赤身肉が都会へ出ていくのに対し、残った臓物をいかにしてうまく味わうかで誕生した。最初は朝鮮籍の女性が作っていたのだが、戦後帰国船で帰るのを機に町の人に作り方を伝授していったのだという。以来、佐用の地ではホルモン焼きうどんがポピュラーとなり、その専門店ができていった。タレは醤油系や味噌系があって店ごとにオリジナルの味を作っている。注文は焼き肉のようにホルモンやアバラ、心臓と部位ごとに頼み、うどん玉を好みの分だけ入れてもらう。それを鉄板で炒めて作ってもらうのだ。味はあらかじめ付いているが、なぜかタレに再びつけて味わうようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る