• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菊池桃子さんも同じ男に…ストーカーが“諦められない”心理

 女優の菊池桃子さん(50)を再ストーカーした元タクシー運転手の男(56)が逮捕された。4月に罰金30万円の略式命令を受けたばかりなのに、またつけ回したというのだから懲りない。

 先日は30代女性を20年間ストーカーしていた46歳の男も捕まった。

 高校生だった相手に一目惚れし、後をつけて自宅を特定してつきまとい続けたというのだから恐れ入る。

 報われない恋は諦めるもの。何年も、何十年も同じ相手を追いかける心理を理解できない人も多いだろうが、心理学博士の鈴木丈織氏は「誰もが加害者になり得る」と指摘する。

 ストーカーになるのは、一部の特異な性格の持ち主というわけではないのだ。

「タイプの女性を目にしたときに『あの子、かわいいな~』というぐらいの印象は、誰でも持つと思います。普通はその感情を一瞬で忘れてしまうもの。人間には理性もあるので、自分の立場や相手の迷惑を考えるものです。ただし、『ちょっとつけてみたら自宅が近所だった』とか『2回連続で見かけた』とか、『話をしたら同郷だった』といった共通点を見つけ、勝手に運命だと捉えてしまうと厄介。それまでストーカーをしたこともなく、一般的な恋愛経験があったとしても、共通点の連続でストーカーに豹変(ひょうへん)し、相手を振り向かせることに執着するようになる場合もあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る