顧客絞り込み奏功 カルビー「じゃがビー」 のブレない姿勢

公開日:

 個性派のポテトスナックといえば、カルビーの「Jagabee(じゃがビー)」だ。2006年に発売以来、若い女性を中心に支持を集めてヒット商品に成長。「うすしお味」「バターしょうゆ味」などの定番はもとより、限定味や派生商品も好評で、年間約90億円を売り上げている。

 皮付きじゃがいもを丸ごとスティック状にカットして揚げたスナック菓子。ヒントにしたのはファストフードなどで人気のフライドポテトだ。

「じゃがいも本来のおいしさを味わうことができ、スティック形で食べやすい。何よりこだわったのは食感で、カリッとしながら、サクッ! ホクッ! も楽しめる。スナックとしては画期的。今もその優位性は変わらない」(Jagabee課課長の楠謙一郎氏)

 素材の見た目、味を生かした商品ゆえ、製法は至ってシンプルだが手間はかかる。小片を取り除くだけでも大変だ。フライの工程も気が抜けない。焦げもなく、納得の食感を実現するまでは、カルビーの技術をもってしても相当な時間を要したという。現にこの設計はじゃがビー以前にもいくつかのブランドで展開。改良を重ね、ようやく手応えを得たのが、北海道土産として人気の「じゃがポックル」(03年発売)で、じゃがビーはこれを参考に、全国展開ブランドとして誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る