顧客絞り込み奏功 カルビー「じゃがビー」 のブレない姿勢

公開日: 更新日:

 個性派のポテトスナックといえば、カルビーの「Jagabee(じゃがビー)」だ。2006年に発売以来、若い女性を中心に支持を集めてヒット商品に成長。「うすしお味」「バターしょうゆ味」などの定番はもとより、限定味や派生商品も好評で、年間約90億円を売り上げている。

 皮付きじゃがいもを丸ごとスティック状にカットして揚げたスナック菓子。ヒントにしたのはファストフードなどで人気のフライドポテトだ。

「じゃがいも本来のおいしさを味わうことができ、スティック形で食べやすい。何よりこだわったのは食感で、カリッとしながら、サクッ! ホクッ! も楽しめる。スナックとしては画期的。今もその優位性は変わらない」(Jagabee課課長の楠謙一郎氏)

 素材の見た目、味を生かした商品ゆえ、製法は至ってシンプルだが手間はかかる。小片を取り除くだけでも大変だ。フライの工程も気が抜けない。焦げもなく、納得の食感を実現するまでは、カルビーの技術をもってしても相当な時間を要したという。現にこの設計はじゃがビー以前にもいくつかのブランドで展開。改良を重ね、ようやく手応えを得たのが、北海道土産として人気の「じゃがポックル」(03年発売)で、じゃがビーはこれを参考に、全国展開ブランドとして誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る