顧客絞り込み奏功 カルビー「じゃがビー」 のブレない姿勢

公開日:

 個性派のポテトスナックといえば、カルビーの「Jagabee(じゃがビー)」だ。2006年に発売以来、若い女性を中心に支持を集めてヒット商品に成長。「うすしお味」「バターしょうゆ味」などの定番はもとより、限定味や派生商品も好評で、年間約90億円を売り上げている。

 皮付きじゃがいもを丸ごとスティック状にカットして揚げたスナック菓子。ヒントにしたのはファストフードなどで人気のフライドポテトだ。

「じゃがいも本来のおいしさを味わうことができ、スティック形で食べやすい。何よりこだわったのは食感で、カリッとしながら、サクッ! ホクッ! も楽しめる。スナックとしては画期的。今もその優位性は変わらない」(Jagabee課課長の楠謙一郎氏)

 素材の見た目、味を生かした商品ゆえ、製法は至ってシンプルだが手間はかかる。小片を取り除くだけでも大変だ。フライの工程も気が抜けない。焦げもなく、納得の食感を実現するまでは、カルビーの技術をもってしても相当な時間を要したという。現にこの設計はじゃがビー以前にもいくつかのブランドで展開。改良を重ね、ようやく手応えを得たのが、北海道土産として人気の「じゃがポックル」(03年発売)で、じゃがビーはこれを参考に、全国展開ブランドとして誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る