• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

顧客絞り込み奏功 カルビー「じゃがビー」 のブレない姿勢

 個性派のポテトスナックといえば、カルビーの「Jagabee(じゃがビー)」だ。2006年に発売以来、若い女性を中心に支持を集めてヒット商品に成長。「うすしお味」「バターしょうゆ味」などの定番はもとより、限定味や派生商品も好評で、年間約90億円を売り上げている。

 皮付きじゃがいもを丸ごとスティック状にカットして揚げたスナック菓子。ヒントにしたのはファストフードなどで人気のフライドポテトだ。

「じゃがいも本来のおいしさを味わうことができ、スティック形で食べやすい。何よりこだわったのは食感で、カリッとしながら、サクッ! ホクッ! も楽しめる。スナックとしては画期的。今もその優位性は変わらない」(Jagabee課課長の楠謙一郎氏)

 素材の見た目、味を生かした商品ゆえ、製法は至ってシンプルだが手間はかかる。小片を取り除くだけでも大変だ。フライの工程も気が抜けない。焦げもなく、納得の食感を実現するまでは、カルビーの技術をもってしても相当な時間を要したという。現にこの設計はじゃがビー以前にもいくつかのブランドで展開。改良を重ね、ようやく手応えを得たのが、北海道土産として人気の「じゃがポックル」(03年発売)で、じゃがビーはこれを参考に、全国展開ブランドとして誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る