誕生以来売り上げ15倍 森永ギリシャヨーグルト人気の理由

公開日:

 ヨーグルトの新定番、ギリシャヨーグルト。100億円超の市場を牽引するのは、森永乳業の「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ」だ。2011年に日本初のギリシャヨーグルトとして誕生以来、大きく成長。17年度の売り上げは初年度から15倍に伸長している。

 ギリシャ伝統の“水切り製法”を踏襲した、独自の「3倍濃縮製法」で作り上げる「パルテノ」は、濃厚な味わいとなめらかな食感が特徴。従来のヨーグルトよりもタンパク質が豊富で栄養価が高く、それでいて低カロリーな点も人気の理由だ。

「『ソース別添』『ソース入』『プレーン』の3タイプを展開。ヨーグルトというと朝食のイメージだが、濃密食感のパルテノは、夜のデザートにも食シーンを広げている」(DYマーケティンググループの岡田祐美子氏=写真)

 開発の始まりは08年。日本のヨーグルト市場は、90年代に整腸を目的とした機能性タイプ、00年前後にフルーツ入り、そして00年代半ばから後半に脂肪ゼロタイプが定着。そろそろ次の展開が待たれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る