• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文科省調査で判明 “最強の勉強法”とはお金をかけないこと

 文科省は先月、「2017年度全国学力テスト」の結果分析を公表した。高収入の家庭ほど、子どもの成績が良いだけでなく、親の、子どもに対する進学への期待もクッキリ収入に比例。これは、貧困家庭はハナから進学を諦めがちということだ。

 何だかやりきれないが、分析からは、おカネがなくても学力アップの“ヒント”もあった。

 調査は、家庭所得、両親の学歴をもとに、「上位層」「中上位層」「中下位層」「下位層」の4段階にわけて分析。学力調査の成績は、小6、中3ともいずれの教科も、層が上がるほど平均正答率が高かった。

 さらに「どの段階の学校まで進んでほしいか」という問いに、「大学」と答える親は、小6の上位層では80.8%だが、下位層は33.2%。中3も上位層が81.0%で、下位層は29.3%と大きく差が開いた。「自分は貧しくて進学できなかったので、我が子は何とか」という親もたくさんいたはずだ。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る