文科省調査で判明 “最強の勉強法”とはお金をかけないこと

公開日:

 文科省は先月、「2017年度全国学力テスト」の結果分析を公表した。高収入の家庭ほど、子どもの成績が良いだけでなく、親の、子どもに対する進学への期待もクッキリ収入に比例。これは、貧困家庭はハナから進学を諦めがちということだ。

 何だかやりきれないが、分析からは、おカネがなくても学力アップの“ヒント”もあった。

 調査は、家庭所得、両親の学歴をもとに、「上位層」「中上位層」「中下位層」「下位層」の4段階にわけて分析。学力調査の成績は、小6、中3ともいずれの教科も、層が上がるほど平均正答率が高かった。

 さらに「どの段階の学校まで進んでほしいか」という問いに、「大学」と答える親は、小6の上位層では80.8%だが、下位層は33.2%。中3も上位層が81.0%で、下位層は29.3%と大きく差が開いた。「自分は貧しくて進学できなかったので、我が子は何とか」という親もたくさんいたはずだ。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る