文科省調査で判明 “最強の勉強法”とはお金をかけないこと

公開日:

 文科省は先月、「2017年度全国学力テスト」の結果分析を公表した。高収入の家庭ほど、子どもの成績が良いだけでなく、親の、子どもに対する進学への期待もクッキリ収入に比例。これは、貧困家庭はハナから進学を諦めがちということだ。

 何だかやりきれないが、分析からは、おカネがなくても学力アップの“ヒント”もあった。

 調査は、家庭所得、両親の学歴をもとに、「上位層」「中上位層」「中下位層」「下位層」の4段階にわけて分析。学力調査の成績は、小6、中3ともいずれの教科も、層が上がるほど平均正答率が高かった。

 さらに「どの段階の学校まで進んでほしいか」という問いに、「大学」と答える親は、小6の上位層では80.8%だが、下位層は33.2%。中3も上位層が81.0%で、下位層は29.3%と大きく差が開いた。「自分は貧しくて進学できなかったので、我が子は何とか」という親もたくさんいたはずだ。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る