カブドットコム齋藤正勝社長 愛読書は「歴史からの発想」

公開日: 更新日:

 ネット証券のカブドットコム証券(東証1部)は、三菱UFJフィナンシャル・グループの1社で、同グループのネット金融サービスの中核会社。社員の9割以上が情報処理の資格を持っている。ネット証券で自前のシステムを持っているのは同社だけ。3月にはスマホで、ペーパーレスで口座開設ができるサービスも始めた。

 自身もシステムエンジニアである齋藤正勝社長(52)が大学時代から愛読している一冊が、堺屋太一の「歴史からの発想」。

「父が持っていた本を無断で読んだら、これがもの凄く面白かった。それまでも歴史が好きで、司馬遼太郎さんの本を読んだり、大河ドラマを見たりはしていました。ですが、堺屋さんのこの本は、例えば、殺伐とした印象がある戦国時代は、実は高度経済成長の時代で、躍動感があったとか、豊臣秀吉における弟の秀長のように組織にはナンバー2の参謀役が必要だとか、歴史を豪傑や軍略家らの視点からではなく、経済的な面、組織的な面から見ていて、とても新鮮でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る