カブドットコム齋藤正勝社長 愛読書は「歴史からの発想」

公開日: 更新日:

 ネット証券のカブドットコム証券(東証1部)は、三菱UFJフィナンシャル・グループの1社で、同グループのネット金融サービスの中核会社。社員の9割以上が情報処理の資格を持っている。ネット証券で自前のシステムを持っているのは同社だけ。3月にはスマホで、ペーパーレスで口座開設ができるサービスも始めた。

 自身もシステムエンジニアである齋藤正勝社長(52)が大学時代から愛読している一冊が、堺屋太一の「歴史からの発想」。

「父が持っていた本を無断で読んだら、これがもの凄く面白かった。それまでも歴史が好きで、司馬遼太郎さんの本を読んだり、大河ドラマを見たりはしていました。ですが、堺屋さんのこの本は、例えば、殺伐とした印象がある戦国時代は、実は高度経済成長の時代で、躍動感があったとか、豊臣秀吉における弟の秀長のように組織にはナンバー2の参謀役が必要だとか、歴史を豪傑や軍略家らの視点からではなく、経済的な面、組織的な面から見ていて、とても新鮮でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る