• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生き方」熟読 馬英華社長に影響与えた稲盛和夫氏の言葉

 東京エレベーター社長の馬英華さん(53)は23歳だった1988年に中国・大連市から来日し、90年、早稲田大学法学部に入学。エレベーターの保守点検会社のアルバイト経験を生かし、97年には日本で東京エレベーターを設立した。

 経営者として尊敬するのは京セラ創業者の稲盛和夫氏。10年ほど前、稲盛氏が取りまとめる1000人規模のフォーラムに講師として参加した際、彼の人柄に感銘を受けた。

「すぐに盛和塾に入塾しました。それで最初に手に取った本は『生き方』でした。〈正々堂々と努力をすれば報われる〉――。稲盛さんの言葉はシンプルですが、心に響くものがあって前向きになれ、何度も読みました。

『成功への情熱』も読みましたし、最近、若手起業家の講演に呼ばれることがあって、その後の名刺交換で初めてお会いする人に『失礼ですが、馬先生は盛和塾のメンバーですか?』って聞かれました。影響を受けているのでしょうね。スピーチの内容が稲盛さんの考えに似ていたようです。そのつながりで、稲盛さんの師匠である中村天風さんの著書『運命を拓く』や『ほんとうの心の力』も読みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る