「生き方」熟読 馬英華社長に影響与えた稲盛和夫氏の言葉

公開日: 更新日:

 東京エレベーター社長の馬英華さん(53)は23歳だった1988年に中国・大連市から来日し、90年、早稲田大学法学部に入学。エレベーターの保守点検会社のアルバイト経験を生かし、97年には日本で東京エレベーターを設立した。

 経営者として尊敬するのは京セラ創業者の稲盛和夫氏。10年ほど前、稲盛氏が取りまとめる1000人規模のフォーラムに講師として参加した際、彼の人柄に感銘を受けた。

「すぐに盛和塾に入塾しました。それで最初に手に取った本は『生き方』でした。〈正々堂々と努力をすれば報われる〉――。稲盛さんの言葉はシンプルですが、心に響くものがあって前向きになれ、何度も読みました。

『成功への情熱』も読みましたし、最近、若手起業家の講演に呼ばれることがあって、その後の名刺交換で初めてお会いする人に『失礼ですが、馬先生は盛和塾のメンバーですか?』って聞かれました。影響を受けているのでしょうね。スピーチの内容が稲盛さんの考えに似ていたようです。そのつながりで、稲盛さんの師匠である中村天風さんの著書『運命を拓く』や『ほんとうの心の力』も読みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る