京王プラザホテル社長・山本護氏 お気に入りは横山秀夫

公開日: 更新日:

「ずっと下町育ちなんで、やっぱり人情モノが好きですね。それと母親が美容室をやっていたので、小学校のころから『どてらい男』や『細うで繁盛記』(原作は『銭の花』)など、知恵を出して頑張って商売をやっていく話が大好きでした」

 関西育ちの母親は、東京の下町で美容室をやっていた。幼いころの山本少年は、その影響を強く受けていたという。

「見習も含めた従業員が鉄砲洲(現在の中央区湊)にあった自宅に住み込みで働いていたんです。彼らは毎朝掃除と食事を済ませたあと、歩いて3分のところにあった美容室に出勤するのです。昼食は、祖母が用意していました。それをみんなが食べているころ、僕が学校から帰ってくるわけです。昔ながらの働き方で、今じゃ考えられないですよね」

 そんな経験を持っているからだろう、まずは富樫倫太郎の「堂島物語」を薦められた。舞台は江戸時代、主人公は大坂の堂島にある米問屋に住み込みで入り、丁稚として働き始める。その後もずっと苦労の連続だが、心温まる人たちに囲まれて成長していく物語だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る