ニチニチ製薬・安本昌吉社長 情報伝達の大切さを学んだ1冊

公開日:

 永年勤続40年。新卒で入った大阪日日新聞社時代から、社長になった現在でも朝4時に起床し、電車通勤を続けている。

「新聞大好き人間で、あの紙の手触り感とインクのにおいを嗅がないと落ち着かないんです。毎朝6時前に会社の近くのコンビニに寄って、全国紙とスポーツ紙を購入します。会社に到着し、前日に買った夕刊紙や週刊誌も併せて、1時間斜め読みします。同じニュースでも、取り上げ方や見方が違う。良い記事は必ずスクラップし、朝礼のネタにしたり、回覧して社員と共有しますね」

 大阪日日新聞社は2000年、常務取締役まで務めて退職。その後は、デイリー社取締役出版事業部部長として、フリーマガジンのゴルフ雑誌「月刊スーパーゴルフ」を担当する。

 東日本大震災後、デイリー社グループのニチニチ製薬社長に就任し、今年8年目を迎える。独自の加熱処理を施した乳酸菌素材「FK―23」を配合した乳酸菌サプリメントなどを手掛けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る