• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ニチニチ製薬・安本昌吉社長 情報伝達の大切さを学んだ1冊

投稿日:

 永年勤続40年。新卒で入った大阪日日新聞社時代から、社長になった現在でも朝4時に起床し、電車通勤を続けている。

「新聞大好き人間で、あの紙の手触り感とインクのにおいを嗅がないと落ち着かないんです。毎朝6時前に会社の近くのコンビニに寄って、全国紙とスポーツ紙を購入します。会社に到着し、前日に買った夕刊紙や週刊誌も併せて、1時間斜め読みします。同じニュースでも、取り上げ方や見方が違う。良い記事は必ずスクラップし、朝礼のネタにしたり、回覧して社員と共有しますね」

 大阪日日新聞社は2000年、常務取締役まで務めて退職。その後は、デイリー社取締役出版事業部部長として、フリーマガジンのゴルフ雑誌「月刊スーパーゴルフ」を担当する。

 東日本大震災後、デイリー社グループのニチニチ製薬社長に就任し、今年8年目を迎える。独自の加熱処理を施した乳酸菌素材「FK―23」を配合した乳酸菌サプリメントなどを手掛けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る