「カヤック」日本・韓国GM 山下雅弘さんがハマった書籍3冊

公開日: 更新日:

 山下雅弘さん(37)は、世界最大のオンライン旅行代理店「ブッキング・ホールディングス」傘下にあるカヤック日本支社長として昨年入社。同社は航空券・ホテル・レンタカーなどの価格比較のみならず、旅行者がレストランや観劇の予約をすると、無料旅行アシスタント「Trips」が自動で旅程を組んでくれるサービスも行う。山下さんが目指すのは、素人が一人旅でも困らない旅行ツールだ。

■秘境の旅行ガイド本を読んでいたらトイレの地図が…

 山下さんは現在、大阪在住。しかし、日本料理の板前の父親の仕事の関係で、9歳から英国で暮らしてきた。

 大学もダラム大学を卒業。オックスフォード、ケンブリッジと並ぶ名門で、しかも同校で化学の修士号を取得したという変わり種だ。

「大学で化学を学び、現在の職場もIT系ですので、理数系のお堅い専門書しか読まないイメージがあるかもしれませんが、中学や高校の頃はドストエフスキーも読んでいました。J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』や、村上春樹さんの『ねじまき鳥クロニクル』もお気に入り。この2冊は、文章を読むと、その背景の環境がイメージとして浮かんでくる。学生の頃からヨーロッパやエジプトなどを旅行で回っていましたし、映像が見えてくるような小説が好きですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る