飲食109店舗を展開 ドリームリンク・村上雅彦さんの巻<2>

公開日:

なかや寿司(東京・飯田橋)

 お寿司屋さんは、2つのタイプがあると思うんですよ。修業に修業を重ねた大将がお任せのみのコースで勝負する店。もう1つは、一人一人のお客さんの好みに合わせて臨機応変な対応で、お客さんの満足度を重視する店。その点でいうと、なかやさんは、後者だと思います。

 夜は、コースが7000円からで、日本酒が1合900円から。7000円のコースが十分おいしいので、ちょっと飲み過ぎたかなというときで、1万円を超える程度の料金です。お酒をそんなに飲まなければ、1万円で済むこともあります。東京のお寿司屋さんとしては、安くてコストパフォーマンスが高い。

■もなかの皮にアンキモが

 だからといって、手抜きは一切ありません。しっかりと勉強された大将が江戸前のお寿司を握ってくれます。それでいて、遊びもあるんです。たとえば、冬にお邪魔したときは、もなかのようなものを出していただいて、その皮を開けると、何とアンキモでした。実力と技がなければ、このような提供の仕方はできませんよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る