広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<1>

公開日: 更新日:

タテルヨシノ(銀座)

■火入れ抜群「サーモンミーキュイ」は人生で最もおいしい

 吉野さんは、皆さんおなじみのミシュラン1つ星店のシェフ。吉野さんのお店も私の店も銀座にあってアクセスしやすいので、よくお邪魔しています。もちろん、味は抜群ですよ。

 ディナーでの目当ては「テート ドゥ コション ソーストルテュ」。豚の頭を煮込んだ料理です。首や皮、頬、舌、耳など部位によって軟らかかったり、コリッとしたりして食感の違いが面白い。何より味が複雑なんです。ほのかな酸味とスパイスが、脂分を軽くするのでしょう。コッテリした部位もあるのに、食感が軽い。

 日本で豚をよく食べる沖縄では、鳴き声以外はすべて余すことなく口にするといいます。まさにあれに近いイメージの料理です。中国でも、豚は肉の部分だけでなくよく使いますが、フレンチであの食べ方と後味は意外です。フレンチでありながら、フレンチらしくない。そこが面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」