広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<1>

公開日: 更新日:

タテルヨシノ(銀座)

■火入れ抜群「サーモンミーキュイ」は人生で最もおいしい

 吉野さんは、皆さんおなじみのミシュラン1つ星店のシェフ。吉野さんのお店も私の店も銀座にあってアクセスしやすいので、よくお邪魔しています。もちろん、味は抜群ですよ。

 ディナーでの目当ては「テート ドゥ コション ソーストルテュ」。豚の頭を煮込んだ料理です。首や皮、頬、舌、耳など部位によって軟らかかったり、コリッとしたりして食感の違いが面白い。何より味が複雑なんです。ほのかな酸味とスパイスが、脂分を軽くするのでしょう。コッテリした部位もあるのに、食感が軽い。

 日本で豚をよく食べる沖縄では、鳴き声以外はすべて余すことなく口にするといいます。まさにあれに近いイメージの料理です。中国でも、豚は肉の部分だけでなくよく使いますが、フレンチであの食べ方と後味は意外です。フレンチでありながら、フレンチらしくない。そこが面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る