広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<2>

公開日: 更新日:

蜀郷香(舟町)

■ウマ味の引き出し方がとにかく上手

 中華料理は、地方によって味も調理も全然違います。だから、勉強のために四川料理店によく行きます。よくお邪魔するのが、このお店です。

 シェフの菊島弘従君はもともと、銀座にある趙楊さんで腕を磨いたんだよ。趙楊さんは、22歳で四川省の迎賓館である全牛賓館の料理長に抜擢されたほどの腕利きです。そんな方にしっかり鍛えられて銀座店の料理長に指名されたくらいだから、とにかく勉強熱心。そういう若手に学ぶことはたくさんあるんですよ。

 趙さん直伝の麻婆豆腐は、四川から仕入れた山椒を使っていて、辛さとともにウマ味がある。そういう深い味わいが生まれるのは、2種類の山椒を使い分けているからです。ボクが手掛ける広東料理には、なかなかない調理ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る