広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<2>

公開日:

蜀郷香(舟町)

■ウマ味の引き出し方がとにかく上手

 中華料理は、地方によって味も調理も全然違います。だから、勉強のために四川料理店によく行きます。よくお邪魔するのが、このお店です。

 シェフの菊島弘従君はもともと、銀座にある趙楊さんで腕を磨いたんだよ。趙楊さんは、22歳で四川省の迎賓館である全牛賓館の料理長に抜擢されたほどの腕利きです。そんな方にしっかり鍛えられて銀座店の料理長に指名されたくらいだから、とにかく勉強熱心。そういう若手に学ぶことはたくさんあるんですよ。

 趙さん直伝の麻婆豆腐は、四川から仕入れた山椒を使っていて、辛さとともにウマ味がある。そういう深い味わいが生まれるのは、2種類の山椒を使い分けているからです。ボクが手掛ける広東料理には、なかなかない調理ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る