広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<2>

公開日:

蜀郷香(舟町)

■ウマ味の引き出し方がとにかく上手

 中華料理は、地方によって味も調理も全然違います。だから、勉強のために四川料理店によく行きます。よくお邪魔するのが、このお店です。

 シェフの菊島弘従君はもともと、銀座にある趙楊さんで腕を磨いたんだよ。趙楊さんは、22歳で四川省の迎賓館である全牛賓館の料理長に抜擢されたほどの腕利きです。そんな方にしっかり鍛えられて銀座店の料理長に指名されたくらいだから、とにかく勉強熱心。そういう若手に学ぶことはたくさんあるんですよ。

 趙さん直伝の麻婆豆腐は、四川から仕入れた山椒を使っていて、辛さとともにウマ味がある。そういう深い味わいが生まれるのは、2種類の山椒を使い分けているからです。ボクが手掛ける広東料理には、なかなかない調理ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る