池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

夏は長袖シャツを“腕まくり” 半袖シャツより女性ウケよし

公開日:

 ジャケット不要の「クールビズ」はシャツが主役とはいえ、半袖ワイシャツ姿は、どうにもサマにならない。その理由は、ひらひらと風にたなびく短い袖がスタイリッシュとは言い難いからだ。

 アロハシャツの袖口が海辺で風に吹かれるなら風情もあるが、街中でひらひらしている半袖ワイシャツは、なんとも「哀愁漂うオジサン感」が拭えない。しかもそのシャツの裾がスラックスにタックイン(シャツの裾をパンツの中に入れること)された状態では、やけに袖のひらひらが際立ってしまい、さらにアンバランスな印象に。

 そもそも欧米人のビジネスマンは、半袖ワイシャツは「ビジネスエレガンスに欠ける」として敬遠する。高温多湿な日本の気候上、やむを得ないとはいえ、半袖ワイシャツをスマートに着こなすには、アイテム選びも着こなしのテクニックも要する。

 確実に解消するためには、まずなんといっても細身でスタイリッシュな半袖ワイシャツを選ぶこと。ボディーに合わせて袖口も細くアレンジされたブランドものや、士官ユニホーム風のデザインのものは、気の利いた百貨店やセレクトショップなどで購入できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る